刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の鑑定

 「鑑定」とは、一般的には、刀剣の善し悪しを判別する意味あいで用いられ、物の真贋を見極める手段としての鑑識と同意語的に使われています。

 日本刀を鑑賞し鑑識することは日本刀発生よりから始まったと想像されますが、特に「鑑定」は室町時代末期頃の豊臣秀吉に仕えた本阿弥光徳の鑑識から始まったとも言われています。本阿弥家は時の将軍家や大名家に仕え、江戸時代には、幕府が認める折り紙を発行していました。その長い間に培われた刀工の銘ぶりや作風の特徴が集大成され、鑑定の見所となっています。

 明治以降はそのような制度はなくなりましたが、多くの鑑識者や愛刀家によって日本刀は愛眼され続け、少しずつ進歩を続け今日に至っています。

 まず日本刀を鑑定する基本的な所作は、在銘であれば、銘の真偽をし、さらに国や流派から、時代にあった作柄や作者の作風に合致するかなどを規範として判断されます。

 無名の場合は、姿を見て原型の状態か、磨り上げられていれば基の状態を想定して、古刀期のものか新刀期かある程度の時代選択をして、次にライトの光で地肌を看取して、刃文から国や流派・作者を絞り込みながら、より妥当性がある流派や作者を極めていきます。

 刀装・刀装具などを鑑識する場合も基本的には同様で、刀装の場合は、鞘・柄などが製作当時の原形を保っているかどうかがポイントになります。

鑑定イメージ

上へ戻る