刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の魅力

 私たちの心を捉えて離さない日本刀には、独特の魅力や文化が秘められています。日本刀の秘められた魅力とは、独特の文化とはどのようなものでしょうか。

 日本刀の持つ、機能を追求し一切の無駄を省いた姿・形に美を感じる方は多いと思います。その姿や反り格好は、その製作された歴史の中で、それぞれの必要性に応じて生まれ、その歴史や時代の思潮や様相を物語っています。



日本刀イメージ


 研ぎ澄まされた地がねの肌や刃文に美を見出し、その魅力に惹きつけられる方も多いことでしょう。地がねの美しさは、和鉄の鋼(はがね)を何回も折り返し鍛錬し、強靭な地がねを作ることによってもたらされた鍛え肌の美しさです。その肌目は樹木の木肌と同じように、板目・柾目・杢目など文様はさまざまで、地肌のなかの「働き」には、地沸(じにえ)・地景・映りなど非常に趣き深いものがあります。地がねの美しさは、刀の出自をも教えてくれます。

 刃文の文様は、製作時代、刀工の系統、特色をよく現し、変化に富んだ刃中の様々な働きを発見することに楽しみをもつ方もあるでしょう。刃文には沸出来(にえでき)、匂出来(においでき)などがあって、透かして見ると秋の夜空に輝く星のようにきらきらと見える沸、またぼうっとかすんだ天の川を望むように見える匂などと言われています。これは刀工の美意識の集約とも言えるものです。

 日本刀に悠久の歴史を感じる方もあるでしょう。日本刀は武器ではありますが、信仰の対象ともなり、権威の象徴ともなってきました。日本の歴史の中で、日本刀は千年を越えて大切に保存され、その果たされた役割は大きく、まさに日本の刀剣文化であると言えます。日本刀は武士の魂と言われ、日本刀を見て武士道の精神を感じる方もあるでしょう。

 いまなお製作当時の姿を伝え、燦然と輝いている日本刀は、世界に類を見ない日本の文化財です。日本刀に美を感じることは、日本の文化を感じることではないでしょうか。

上へ戻る