刀剣のすべて金梨子地楓紋蒔絵螺鈿鞘細太刀拵 室町時代

日本刀の素材
 日本刀はその名のとおり日本固有のもので、世界の鉄工芸品でも最高峰に位置付けられています。日本刀は武器としてその要件を満たすよう、製作には工夫と努力が積み重ねられてきました。簡単に製作過程を説明します。


 日本刀の素材は、日本古来の製鉄技術であるたたらによって生産され、その品質は他に比類ないほど優れたものです。
 このたたらによって生産された広義の鉄は、以下の3種類からなるけら(けら)という塊(かたまり)です。これを破砕・選鋼して、それぞれ含有炭素量によって以下のように分類します。

狭義の鉄(てつ) ・・・ 炭素量0.0〜0.03%のもの。加熱せずともたたけば伸びるもの。
鋼(はがね) ・・・ 炭素量0.03〜1.7%のもの。加熱して、たたけば伸びるもの。
銑(ずく) ・・・ 炭素量1.7%以上のもの。加熱しても何をしても伸びないもの。

 この「鋼」に分類されるもののうち、特に破面が均質で良好なものを「玉鋼(たまはがね)」といい、これはそのまま刀剣の素材になります。

 一方で、銑は炭素量が多いのでこれを取り除き(脱炭)、鉄は逆に炭素を吸収(吸炭)させ、鋼の炭素量に調節して使用します。
  玉鋼イメージ

上へ戻る